スポンサードリンク
自分の身は自分で守ろう

「結婚を約束していた彼に裏切られた」「買ったマンションが手抜き工事だった」「結婚して子供を産みたい、でも仕事は続けたい」

おんな30歳を過ぎると、悩みもトラブルも増えるばかりです。夫婦のトラブルに借金のトラブル、美容整形のトラブルなど、なかなか自分の知識だけではどう対応すればいいかわからないものです。しかし最近はどんなことも自己責任。自分の身を守るのは自分しかいない。

そこで頼りになるのが法律です。でも法律なんてわからないし、知らない。法律を知っている人だけが得をして、知らない人は泣き寝入りする構造になっています。

しかしそんな世の中にサヨナラするためにこのブログでは、日常生活にかかわる民法をケース別に分かりやすく説明しています。

このブログを見れば借金問題の解決策や美容整形でのトラブルの対応策などがわかるようになります。自分で問題を解決できるようになる為に知識武装しておきましょう。

特に最近問題になっているのは女性の借金問題

複数の消費者金融から借金、クレジットカードでの使いすぎなどで、今の状況ではどうやっても借金返済が無理と女性が増えてきました。

自力で借金返済できないのであれば、親や親せき等から援助を頼んでみましょう。それが無理であれば、法律の専門家に相談するしかありません。

しかしどこに相談していいか分からない人が多いでしょう。そんな人はこちらの法務事務所をおすすめします。

理由は「借金専門の法務事務所」で「5000件を超える実績がある」という点です。その中でも「借金のつらさは借金で苦しんだ人間にしか分からない」という考えから、債務整理経験者をスタッフに入れています。

借金で苦しんでいるなら、まずはメール相談しましょう。専門家の力はすごいもので、あれだけ苦しんでいた督促の電話やはがきがピタッと来なくなりますよ。

最近の記事

2012年05月09日

上司に誘われ、2人で食事に出かけたらお尻や手を触ってきた・・・

◎上司に誘われ、2人で食事に出かけたらお尻や手を触ってきた・・・
 もう会社に行きたくない!!

 <事例その39>
先日、「ちょっと話がある」と上司に言われ、最近仕事で起きたトラブルのことかなと思い、2人で食事に行きました。
案の定、その話だったのですが、その後、2軒目にしつこく誘われ、歩いている道すがら手を握ったり、足やお尻など身体を触られました。
これってセクハラですよね!?


会社にセクハラ(セクシャルハラスメント)対策部署などがあれば、すぐに相談しましょう。

なければ法務部や人事部に。

いきなり、そうした所に相談しにくいという人は、身近な女性の先輩や他の信頼できる上司に相談してもいいでしょう。

男女雇用機会均等法では、セクハラが起きない職場環境を作るよう、会社に努力義務を課しています。

もしも、あなたの訴えを会社がきちんと取り上げ、調査や適正な処分をしなければこの上司と共に、会社を訴えることができます。

職場はあくまでも仕儀とをする場です。

私情を持ち込まないのがルール。

仕事の話であれば、会議室などを利用すればよいのであって、部下である女性のトラブルやミスにつけ込んで食事に誘うこと自体、すでにルールを免脱しています。

さらに、2軒目にしつこく誘ったり、体を触るという行為はケースによっては「強制わいせつ罪」になる可能性もあります。

また、あなたが会社で働く環境を害し、精神的な苦痛を負わせた不法行為として、慰謝料を請求することができます。

食事に誘われた時のメールなどは証拠として残しておきましょう。

セクハラは、性的な冗談、からかい、食事やデートの誘い、身体への接触、「恋人はいるのか」「結婚はまだか」といったプライバシーの干渉、ヌードポスターの掲示など、どれも、女性が不快だと思えば成立します。

不快だと感じたら、「不快」「NO!」と言う意思表示を普段からすることが大切です。



◆知っておきたい豆知識◆

 @セクハラを受けたら
  セクハラを受けてしまったら、その時々に記録をつ
  けておくようにしましょう。
  見ている人がいたら、その人にも報告書などの形で、
  文章化しておいてもらうなどの対応もしておいて。

 A食事に誘うだけでもNG!
  管理職の男性がメールで職場の女性社員に対して、食
  事やデートの誘いをしていたということで、解雇が認
  められた裁判もあります。
  上司などに食事に誘われたらはっきり断りましょう。

posted by タナカ at 10:39 | Comment(0) | 仕事の民法相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

社内のプロジェクトチームの同僚が、取引先とのメールを盗み見ていた!

◎社内のプロジェクトチームの同僚が、取引先とのメールを盗み見ていた!
 プライバシーの侵害になる??

 <事例その38>
会社であるプロジェクトを任され、張り切って仕事をしていました。
ところが、私が外出している間に、プロジェクトチームの同僚が勝手に私の取引先とのメールを盗み見ていたことが発覚!!
「仕事の進行状況が気になっていたから」と言うのですが、これはプライバシーの侵害では!?


仕事の進行状況が知りたければ、直接、本人に聞けば良いことで、いくら業務上のメールとはいえ、勝手に見るというのは、受け入れがたいですね。

このケースの場合、まずは、上司に相談してみましょう。

そして、どういう目的であなたのメールボックスを開いたのか、明らかにする必要があります。

会社のパソコンは会社の備品であり、サーバーも会社の財産ですから、上司や会社が社員のメールを監視するということはあります。

特に最近では顧客情報や機密情報漏れを防ぐために、使用メールを禁じ、メールの中身を監視するという会社が増えてきました。

会社の就業規則の中にその旨が書かれていることもあります。

しかし、業務上で、社員がほかの社員のメール履歴を見る場合があっても、いきなり見てしまうというのはどうでしょうか。

あらかじめ社員にそのことを伝えるとか、上司の立ち会いの元見るとか、見るのは履歴と件名だけで全文までは見ない、などの制約を作り、社員のプライバシーに配慮することが不可欠です。

裁判例を見ても、会社によるメール監視が常に許されるのではなく、社会通念上の範囲を超えた監視がなされた場合には、プライバシーの侵害になります。

まして、社員が社員のメールボックスを勝手に開け、メールを盗み見ていたとしたら、顧客情報や社内の機密情報漏れにも関わることです。

会社は、きちんと調査する必要があります。



◆知っておきたい豆知識◆

 @会社で私用メールはダメ??
  会社で使っているパソコンは、あくまで会社が仕事用に
  所有しているものです。
  そのため、法律的には、会社は就業規則などで、社員が
  使用目的利用することを禁止でき、その使用状況は中身
  を閲覧・監視できることになっています。
  ちなみに、会社から支給された携帯電話のメールも私用
  では使わないよう気をつけて。

posted by タナカ at 08:46 | Comment(0) | 仕事の民法相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

出張で貯まったマイレージで旅行に行ったら、『横領だ』と言われた・・・

◎出張で貯まったマイレージで旅行に行ったら、『横領だ』と言われた・・・
 返さないといけないの??

 <事例その36>
先日有給休暇をとって2泊3日の沖縄旅行に行きました。
その際、会社の出張で貯まったマイルで彼と私2人分の航空代を浮かせる事が出来ました。
ラッキー!!
と思ったのですが、同僚が上司に告げ口をしたらしく、会社に追求されています。
返さないといけないの??


会社の経費で飛行機に乗り出張に行っているわけなので、それにともなうマイルは、当然、会社の財産にになります。

それを自分のマイレージカードに貯めることは、厳密にいえば会社の財産を勝手に自分のものにしたということになります。

その分は会社に損害を与えたことになってしまうので、会社からマイルを返還すよう請求されたら、返還しなくてはいけません。

会社の経理担当が、会社のお金を持ち逃げすれば横領になりますが、マイルも同じことです。

たとえ、小額でも、横領になってしまうのです。

マイルだけではなく、量販店のポイントカードのポイントも同様です。

また、出張費の水増し請求をしたり、偽装の申告をして通勤手当を多く貰って自分のお小遣いにしたりということも、すべて横領になります。

少額とはいえ、会社のお金と自分のお金の区別をきちんとするようにしましょう。

それができないような人は、社会人としての信用を失います。

会社に追求されているのであれば、悪びれたり、開き直ったりせず、素直に誤解していたと話し、謝りましょう。

よほど悪質でなく、反省した態度を見せれば、会社も多めに見てくれるかもしれません。

実際、マイルやポイントに関しては、少額であること、会社も被害の実態を把握できずにいることから黙認されていることが多いようです。

そのため、マイルは個人のものと考えられがちのようです。

違法行為で、「刑事罰」に問われる可能性もあるので、注意しましょう。



◆知っておきたい豆知識◆

 @刑事告訴されることも!?
  マイルの場合、少額なので、事件にまで発展するケース
  は少ないのですが、悪質な場合や高額な場合には、会社
  に「業務上横領罪」で刑事告訴されてしまいます。

 A勤務中の株売買は避けましょう
  パソコンや携帯電話を使ったデイトレードが盛んにおこ
  なわれるようになりましたが、勤務中に取引するのはや
  めましょう。
  職務専念義務違反として処分の対象になることがあります。

posted by タナカ at 11:40 | Comment(0) | 仕事の民法相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。