スポンサードリンク
自分の身は自分で守ろう

「結婚を約束していた彼に裏切られた」「買ったマンションが手抜き工事だった」「結婚して子供を産みたい、でも仕事は続けたい」

おんな30歳を過ぎると、悩みもトラブルも増えるばかりです。夫婦のトラブルに借金のトラブル、美容整形のトラブルなど、なかなか自分の知識だけではどう対応すればいいかわからないものです。しかし最近はどんなことも自己責任。自分の身を守るのは自分しかいない。

そこで頼りになるのが法律です。でも法律なんてわからないし、知らない。法律を知っている人だけが得をして、知らない人は泣き寝入りする構造になっています。

しかしそんな世の中にサヨナラするためにこのブログでは、日常生活にかかわる民法をケース別に分かりやすく説明しています。

このブログを見れば借金問題の解決策や美容整形でのトラブルの対応策などがわかるようになります。自分で問題を解決できるようになる為に知識武装しておきましょう。

特に最近問題になっているのは女性の借金問題

複数の消費者金融から借金、クレジットカードでの使いすぎなどで、今の状況ではどうやっても借金返済が無理と女性が増えてきました。

自力で借金返済できないのであれば、親や親せき等から援助を頼んでみましょう。それが無理であれば、法律の専門家に相談するしかありません。

しかしどこに相談していいか分からない人が多いでしょう。そんな人はこちらの法務事務所をおすすめします。

理由は「借金専門の法務事務所」で「5000件を超える実績がある」という点です。その中でも「借金のつらさは借金で苦しんだ人間にしか分からない」という考えから、債務整理経験者をスタッフに入れています。

借金で苦しんでいるなら、まずはメール相談しましょう。専門家の力はすごいもので、あれだけ苦しんでいた督促の電話やはがきがピタッと来なくなりますよ。

最近の記事

2011年07月29日

乳がんの手術で乳房温存療法があったのに、全く説明がなく乳房を切除された!!

 <事例その22>
乳がんの手術で乳房温存療法があったのに、全く説明がなく乳房を切除された!!

医療行為は、民法上では「準委任契約」とされ、医師には、治療やその報酬に
関する説明と報告義務があり、患者は知る権利があります。

乳がんの手術で乳房温存療法ができる可能性があり、かつ患者が乳房温存療法
を望んでいたのに、詳しい説明もせずに乳房切除術を採用したとしたら、この
説明義務に違反したとして損害賠償請求ができる可能性があります。

実際、乳がんの手術の際、医師の知る範囲で説明すべき診療契約上の義務があ
ったとされる最高裁判決が出ています。

弁護士などに相談してみましょう。

posted by タナカ at 10:38 | Comment(1) | 美容&健康の民法相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

寝るだけで痩せる枕、座るだけでやせるクッションって本当??

 <事例その21>
寝るだけで痩せる枕、座るだけでやせるクッションって本当??


以前、「ただ寝るだけで痩せる、座ってるだけで20sもやせちゃった!」
という新聞折り込みチラシを配布していた通信販売業者がいました。

経済産業省が、広告に表示されていた痩身効果、美容・健康効果を裏付け
る合理的な根拠を示す資料の提示を求めたところ、そのような資料は一切
提出されませんでした。

このため、この通信販売業者は、特定商取引法で規制されている誇大広告
に違反したとして行政処分を受け、3カ月の業務停止処分になりました。

このような広告表示に安易に惑わされないようにしましょう。

posted by タナカ at 12:29 | Comment(0) | 美容&健康の民法相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

エステで施術を受けたら、皮膚炎が再発してしまった。

 <事例その20>
エステで施術を受けたら、皮膚炎が再発してしまった。


エステティックサロンとそこで働くエステティシャンは、エステの
施術後、お客さんに皮膚障害が生じた場合は、直ちに施術を中止、
医師の診断を受けるように勧める義務があります。

施術後に皮膚障害が発症したにもかかわらず、過去に使用して蓄積
したステロイド剤が皮膚に出てくる改善現象であるなどと、ウソの
説明をして施術を続行したとなると、エステティシャンの「不法行
為」による「過失責任」が問われます。

そして、サロンに対して、民法の使用者責任を問い、損害賠償請求
をすることができます。

posted by タナカ at 11:50 | Comment(2) | 美容&健康の民法相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

美容師が髪の毛を切りすぎて納得いかない髪型にされた!!

 <事例その19>
美容師が髪の毛を切りすぎて納得いかない髪型にされた!!


髪を切ったり、パーマをかけたりする依頼をして、それが成約したときに、
美容師に報酬を払うという契約は、民法では「請負契約」といいます。

請負契約では、完成した仕事(ヘアスタイルなど)に瑕疵(かし(欠陥))
があれば、依頼をした人は、契約を解除して、料金の支払いを拒んだり、
支払い済みの料金の返還を求めることができます。

髪を切る際に、きちんとこうしてほしいと告げていたにも関わらず、納得
のいかないヘアスタイルになってしまったら、交渉してみましょう。

それのよって、損害が生じた場合は損害賠償請求ができます。

posted by タナカ at 16:30 | Comment(0) | 美容&健康の民法相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通っていたエステサロンが倒産!!  コース代金をクレジット払いしているのだけど・・・。

◎通っていたエステサロンが倒産!!
 コース代金をクレジット払いしているのだけど・・・。

 <事例その18>
2か月前にエステティックサロンでフェイシャルコースを申し込みました。
25回コースで35万円をクレジット会社で分割払いにしました。
それなのに、途中で倒産してしまい、もうサービスが受けられません。
まだ5回しか施術を受けていないのに、支払いはどうなるのでしょう。


すぐにクレジット会社に連絡しましょう。
エステティックサロンが倒産したことを伝え、支払い停止を申し出ます。
クレジット取引は「割賦(かつぷ)販売法」という法律で規制されています。
その中で、販売業者との間で商品やサービス購入契約の無効・取消、解除など
、代金お支払いを拒絶できる理由があるときは、クレジット会社に対する支払
いを停止できると定めているのです。
これを法律用語では、「抗弁権の接続」といいます。

フェイシャルコースの契約は、サービスを提供するエステティックサロンが閉
鎖された時点で、民法上の「債務不履行」にあたりますから、クレジット会社
に申し出れば、所定の様式の「抗弁書」を送ってくれるはずです。

これに記入してクレジット会社に提出すれば、残りの返済を停止することがで
きます。
万が一、抗弁書を送ってくれない場合は、エステティックサロンが倒産したこ
とにより契約したサービスが受けれなくなったので、支払いを停止する旨を書
面に書いて、内容証明郵便で送りましょう。

それでも、クレジット会社が応じない場合は、消費生活センターにに相談して
みましょう。

たまに、クレジット会社の方で、残りのサービス分について、代替サービスを
提供することもあり、別のエステティックサロンを紹介されることもあります。

この場合消費者は、代替サービスの提供を受けるか、契約を打ち切ってクレジ
ットの支払いの清算をするか、どちらかを選ぶことができます。


◆知っておきたい豆知識◆

 @クレジットと割賦販売法
  「クレジット」というのは、販売会社と消費者とクレジット会社
  (信販会社)との三者間の契約です。
  消費者が自分の信用を担保に、お金を借りるシステムです。
  クレジットを利用したショッピングのうち、指定された商品
  、権利、役務(サービス)の販売や提供を2回以上3カ月以上
  の分割払いで、4万円以上(リボルビング払いの時は3万8千円
  以上)を支払う場合には、「割賦販売法」が適用できます。

posted by タナカ at 13:46 | Comment(0) | 美容&健康の民法相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。