スポンサードリンク
自分の身は自分で守ろう

「結婚を約束していた彼に裏切られた」「買ったマンションが手抜き工事だった」「結婚して子供を産みたい、でも仕事は続けたい」

おんな30歳を過ぎると、悩みもトラブルも増えるばかりです。夫婦のトラブルに借金のトラブル、美容整形のトラブルなど、なかなか自分の知識だけではどう対応すればいいかわからないものです。しかし最近はどんなことも自己責任。自分の身を守るのは自分しかいない。

そこで頼りになるのが法律です。でも法律なんてわからないし、知らない。法律を知っている人だけが得をして、知らない人は泣き寝入りする構造になっています。

しかしそんな世の中にサヨナラするためにこのブログでは、日常生活にかかわる民法をケース別に分かりやすく説明しています。

このブログを見れば借金問題の解決策や美容整形でのトラブルの対応策などがわかるようになります。自分で問題を解決できるようになる為に知識武装しておきましょう。

特に最近問題になっているのは女性の借金問題

複数の消費者金融から借金、クレジットカードでの使いすぎなどで、今の状況ではどうやっても借金返済が無理と女性が増えてきました。

自力で借金返済できないのであれば、親や親せき等から援助を頼んでみましょう。それが無理であれば、法律の専門家に相談するしかありません。

しかしどこに相談していいか分からない人が多いでしょう。そんな人はこちらの法務事務所をおすすめします。

理由は「借金専門の法務事務所」で「5000件を超える実績がある」という点です。その中でも「借金のつらさは借金で苦しんだ人間にしか分からない」という考えから、債務整理経験者をスタッフに入れています。

借金で苦しんでいるなら、まずはメール相談しましょう。専門家の力はすごいもので、あれだけ苦しんでいた督促の電話やはがきがピタッと来なくなりますよ。

最近の記事

2011年08月04日

サプリメントはお店の宣伝をうのみにして買ってはダメ!!

◎サプリメントはお店の宣伝をうのみにして買ってはダメ!!

サプリメントを買うときは、メーカーやお店の宣伝をうのみにうるのはやめましょう。

「肌荒れ、ニキビが治る」「便秘解消」などといった広告は、薬事法、景品常時違反に
なります。

厚生労働省により栄養や保健上の効果が科学的に証明されている特定保健用食品のみ「お
なかの調子を整える」「コレステロールが気になる人向け」などの効果をうたうことがで
きます。

また、同じ名称のサプリメントであっても、商品によりその有効成分の含有量はさまざま
です。

一つの栄養素のとりすぎによる障害や、飲み合わせによるトラブル、されには、違法に医
薬成分を添加したものがあったという例もあります。

サプリメントは誇大広告などのない信頼できるお店で、表示をよく見て、安全な物を選び
たいものです。

また、サプリメントを利用するときは、自分のライフスタイルに合わせて、不足しがちな
栄養素だけを補うようにしましょう。

サプリメントの成分名や効果について知識を持つことも大切です。

posted by タナカ at 13:46 | Comment(0) | 美容&健康の民法相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

マイナスイオンで肩こりが治ると言われ、 アクセサリーを買ったが効かない!!

 <事例その26>
マイナスイオンで肩こりが治ると言われ、
アクセサリーを買ったが効かない!!


マイナスイオンで病気の予防や症状が治るという表示や説明をするには、
医療機器として、「薬事法」に基づく承認・許可を取得しなければなりま
せん。

東京都では、マイナスイオン商品の表示の調査や科学的な実証の結果、客
観的な根拠が認められず、複数のマイナスイオンの効果をうたった商品を
製造・販売している業者に対し、根拠を裏付ける資料の提出と、景品表示
法を守るよう指導しています。

効果があると告げられたにもかかわらず、実際にはそんな効果など持って
いなかったとしたら、契約は取り消すことができます。

posted by タナカ at 13:10 | Comment(0) | 美容&健康の民法相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月02日

インターネットでダイエット茶を買って飲んだら、 ひどい下痢に見舞われ体調を崩して会社をやすんだ!!

 <事例その25>
インターネットでダイエット茶を買って飲んだら、
ひどい下痢に見舞われ体調を崩して会社をやすんだ!!


すぐに飲むのをやめて病院で診察を受けてください!

インターネットでは、様々な健康食品が売られていますが、信頼のできる
商品を買わないと危険です。

実際に、ある外国製品ダイエット食品が原因で、肝機能障害を起こし、亡
くなった人まででた被害事件がありました。

「すぐに確実に痩せる!」「飲むだけで20kg減量できる」などといった広
告表示には要注意。

このような被害にあったら、入っている成分を疑い、保健所に通報しましょう。

posted by タナカ at 13:18 | Comment(0) | 美容&健康の民法相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

マルチ商法に誘われて健康食品を購入・・・・・。 一部食べてしまったけど返品したい!!!

 <事例その24>
マルチ商法に誘われて健康食品を購入・・・・・。
一部食べてしまったけど返品したい!!!

マルチ商法は、「特定商取引」で、「連鎖販売取引」として規制されています。

連鎖販売取引は20日間のクーリング・オフ制度があるので、20日以内であれば、
一部食べてしまっていても、無条件で契約を取り消すことができます。

内容証明郵便で、クーリング・オフの通知を送りましょう。

訪問販売のクーリング・オフでは、化粧品などは消耗品として政令指定されてい
て、使用・消費した分はクーリング・オフできませんが、連鎖販売取引の場合は
、使用・消費している分もクーリング・オフができます!!

posted by タナカ at 10:07 | Comment(0) | 美容&健康の民法相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

海外に行った友人からやせ薬のような漢方薬をもらった。飲んでも大丈夫??

 <事例その23>
海外に行った友人からやせ薬のような漢方薬をもらった。飲んでも大丈夫??

やめておいた方がいいでしょう!!

日本に輸入される漢方は「薬事法」による規制を受け、食品も「食品衛生法」に基づいて検査
などがされますが、個人で海外から持ち込んだ漢方薬や食品は届け出や検査の対象になってい
ません。

日本では使用されていない食品添加物が基準以上入っている可能性もあります。

とにかく、痩せる効果をうたっているものは、下痢や覚醒剤が入っていることもあるようです。

そらずに常飲して、覚醒剤中毒になってしまうケースもあります。

好意だけ受け取っておきましょう!!

posted by タナカ at 16:35 | Comment(1) | 美容&健康の民法相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。