スポンサードリンク
自分の身は自分で守ろう

「結婚を約束していた彼に裏切られた」「買ったマンションが手抜き工事だった」「結婚して子供を産みたい、でも仕事は続けたい」

おんな30歳を過ぎると、悩みもトラブルも増えるばかりです。夫婦のトラブルに借金のトラブル、美容整形のトラブルなど、なかなか自分の知識だけではどう対応すればいいかわからないものです。しかし最近はどんなことも自己責任。自分の身を守るのは自分しかいない。

そこで頼りになるのが法律です。でも法律なんてわからないし、知らない。法律を知っている人だけが得をして、知らない人は泣き寝入りする構造になっています。

しかしそんな世の中にサヨナラするためにこのブログでは、日常生活にかかわる民法をケース別に分かりやすく説明しています。

このブログを見れば借金問題の解決策や美容整形でのトラブルの対応策などがわかるようになります。自分で問題を解決できるようになる為に知識武装しておきましょう。

特に最近問題になっているのは女性の借金問題

複数の消費者金融から借金、クレジットカードでの使いすぎなどで、今の状況ではどうやっても借金返済が無理と女性が増えてきました。

自力で借金返済できないのであれば、親や親せき等から援助を頼んでみましょう。それが無理であれば、法律の専門家に相談するしかありません。

しかしどこに相談していいか分からない人が多いでしょう。そんな人はこちらの法務事務所をおすすめします。

理由は「借金専門の法務事務所」で「5000件を超える実績がある」という点です。その中でも「借金のつらさは借金で苦しんだ人間にしか分からない」という考えから、債務整理経験者をスタッフに入れています。

借金で苦しんでいるなら、まずはメール相談しましょう。専門家の力はすごいもので、あれだけ苦しんでいた督促の電話やはがきがピタッと来なくなりますよ。

最近の記事

2011年07月22日

恋人や夫からの暴力は犯罪"です。  我慢しないで訴えましょう!!

◎恋人や夫からの暴力は犯罪"です。
 我慢しないで訴えましょう!!

恋人や配偶者から暴力をふるわれることをドメスティックバイオレンス(DV)
といいます。

社会の中では、人を殴れば、「暴行罪」、ケンカをさせれば「傷害罪」、無理
やり性的な自由を侵害すれば、「強制わいせつ罪」や、「強姦罪」になります。

かつては、夫婦や恋人間の暴力には警察や法律は介入しませんでしたが、今は
違います。

暴力を振るえば犯罪になります。
もしも、恋人や配偶者から暴力を受けたら、すぐに警察や女性相談センターなど
に相談しましょう。

地域の女性相談所などでは、暴力をふるう夫から逃げ込むシェルター(一時保護所)
や、離婚して自立するための支援情報なども行っています。

問題を表沙汰にしたくない、子供のためになど、さまざまな理由で女性が暴力に耐え
てしまう傾向が見受けられますが、夫の暴力を我慢し続けた結果、夫を殺してしまう
事件も起こっています。

こうなっては、殺人罪の加害者となり、救済の対象になりません。
我慢せずに、一刻も早く相談しましょう。

posted by タナカ at 12:30 | Comment(1) | 男と女の民法相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

夫とけんかした勢いで離婚届を出したけど、その後仲直りした。バツイチになっちゃう??

◎夫とけんかした勢いで離婚届を出したけど、その後仲直りした。
 その後仲直りした。バツイチになっちゃう??

 <事例その12>
先日、夫とケンカした勢いで離婚届を出してしまいました。
でも、その後、夫と話し合って、仲直りしました。
離婚届を取り消すことはできるのでしょうか?
それとも、再度入籍しないとダメなのでしょうか?
このままでは、バツイチになってします。

一度離婚届が受理されてしまうと、戸籍簿は協議離婚として書きかえられてしまいます。
残念ながら、夫婦の双方が署名捺印して提出した離婚届は、取り消すことができません。

ただし、夫婦のどちらが相手に対して無断で作成した離婚届は、無効を主張することがで
きます。
また、騙されたり、脅迫されて署名させられた場合も、もちろん取り消すことができます。

それには、家庭裁判所に協議離婚無効、あるいは取り消しの調停を申し立てなければなり
ません。
調停が成立すれば、10日以外に、家庭裁判所から交付された調停書を添えて、戸籍訂正の
届け出をします。

役所では、離婚届が提出された際に、形式が整っているかをチェックしますが、本当にお
互いが分かれる意思があるのかなどは調べません。
どちらかが、勝手に離婚届を出したり、別れるつもりはないのに、感情的になって判を押
した場合でも、受理されてしまうのです。

離婚届に署名してしまったものの気が変わってしまったという場合には、相手が離婚届を
役所に提出する前に、役所に「不受理届け」を出しておきましょう。

これを提出することにより、相手がどこの役所で離婚届を出しても受け付けられなくなり
ます。

なお、不受理届けは提出をしてから6カ月しか効果がないので、延期したいときは、再度、
不受理届けを出してください。

逆に離婚を決めたときは、取り下げることにより離婚届が受理され、離婚が成立します。




◆知っておきたい豆知識◆

 @民法上では合意がなければ、離婚は無効
  離婚届は一度出してしまうと、受理されてしまいますが、
  夫婦の合意によるものでなければ、民法上では、離婚その
  ものが無効になります。
  裁判になったときは、この点を争うことになります。

 A離婚届が受理されてしまったら・・・・
  再度、籍を入れる際には、夫婦の生活を見直し、ケンカを
  して離婚届を出すことがないよう、よく話し合いましょう。

posted by タナカ at 17:33 | Comment(0) | 男と女の民法相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

彼の子供を妊娠したけれど、産みたくない。  彼は反対していますが、決定権はどっちにあるの??

◎彼の子供を妊娠したけれど、産みたくない。
 彼は反対していますが、決定権はどっちにあるの??

 <事例その11>
同棲している彼の子供を妊娠しました。
私にとっては思わぬ妊娠。
予想もしなかったことで、混乱しています。
今の仕事、生活に満足しているので、正直、子供は欲しくありません。
でも、彼が産んでほしいと言っています。
決定権はどっちにあるの??


日本は「母体保護法」という法律で、妊娠21週6日まで人工妊娠中絶が認められており、
最終的な決定権は女性にあります。
これは、人工妊娠中絶の手術を受けるのが女性であって、男性ではないからです。

妊娠12週未満までは、女性の権利に基づいて、任意に人工妊娠中絶が認められています。
12週を過ぎてしまうと、妊娠の継続・分娩が困難であるという母体の身体的、精神的、経
済的、社会的理由が必要になってきます。

結婚している場合は、配偶者の同意書が必要です。
あなたの場合、一緒に暮らしているので、事実婚と認定される可能性もあります。

ともかく、まずは、お互い納得いくまでよく話し合うことが必要です。
産んでほしい、と言われても、おなかが大きくなるのも、むくみなどに悩まされるのも、
出産でいたい思いするのも、全て女性。

出産後の教育についても、きちんと考えておく必要があるし、結婚、認知について話し合
う必要もあります。

また、これまでのキャリアや仕事の関係上、今、子供を産むのは困るという状況もあるか
もしれません。

しかし、せっかく授かった命です。
彼の言い分も聞きならが、どうしたらお互いハッピーになるか考えてみましょう。

また、中絶の手術は見えなところを手探りで行うものですから、子宮を傷つける危険があ
ります。
そのため、中絶後に子宮や卵管に炎症を起こしたり、出産できる状態になっても不妊症や
流産、早産の原因になる場合もあります。

今後はきちんと避妊をするようにしましょうね。


◆知っておきたい豆知識◆

 @妊娠中絶と墜胎罪
  妊娠中絶は、日本の刑法のなかでは「墜胎罪」という規定によって犯罪とされています。
  しかし、現実には「母体保護法」によって、身体的、経済的理由などで人工妊娠中絶が認
  められているため、処罰されることはありません。

 Aきちんと避妊を
  まだ子供を産むつもりがなければ、きちんと、避妊をしましょう。
  ピルを飲んでいても、コンドームの使用はわすれずに。

posted by タナカ at 14:14 | Comment(0) | 男と女の民法相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

籍は入れてないけど、彼とずっと一緒に住んでいる。  事実婚って相続権はあるの??

◎籍は入れてないけど、彼とずっと一緒に住んでいる。
 事実婚って相続権はあるの??

 <事例その10>
籍は入れていませんが、彼と5年ほど一緒に住んでいます。
お互い働いていて、私は、名前を変えたくないし、このままでいようと思うのですが、
その場合、何かデメリットはありますか??
入籍していなくても、事実婚なら相続権はありますか??


最近は、夫婦別性を実施するために、結婚をしても籍を入れないというカップルが増え
ていますね。

法律的には、事実婚は内縁関係といわれ、籍には入ってないけれど、実質夫婦と言われ
る男女の関係のことを言います。

この内縁関係の場合は、夫婦としての法的な保護が受けられます。

例えば、内縁関係が破綻した場合には、離婚と同じ扱いで、財産分与や慰謝料を請求す
ることができます。

遺族年金についても内縁の妻に受給の資格があるとされています。

交通事故などの損害賠償も法律上の夫婦と同じように扱われます。

ただし、残念ながら相続権はありません。

しかしこれも、遺言状を作成し、それに内縁の妻あるいは、夫の相続分について明記しておけば、
遺言状に従った相続が可能です。

デメリットは、子供が生まれた際に、その子供が戸籍上では非嫡出子(婚外子)と扱われることに
なる点です。

子供を非嫡出子にしないために出生したら一度婚姻届を提出し、改めて離婚手続きをするという、
夫婦別性のケースもあります。

また、税金の関係でも、「配偶者控除」や「相続者軽減措置」を受けられないなどの不利益があります。

お互いに働いている時は良いのですが、子供が生まれて女性が働けなくなったときに、配偶者控除を受け
れないというのは、少し家計に負担がかかるかもしれませんね。


◆知っておきたい豆知識◆

 @夫婦別性について
  夫婦別性に関しては、20年以上も前から議論されているのですが、
  改正の見通しはありません。
  結婚をしても、その家に入るのではなく、お互い精神的に自立した
  関係でいたいという夫婦のあり方が
  法的に認められなければ、今後ますます事実婚が増えるのではない
  でしょうか。

posted by タナカ at 10:13 | Comment(0) | 男と女の民法相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

元彼がしつこく嫌がらせをしてくる!怖い・・・。  彼にストーカーを辞めさせるにはどうしたらいいの??

◎元彼がしつこく嫌がらせをしてくる!怖い・・・。
 彼にストーカーを辞めさせるにはどうしたらいいの??

 <事例その9>
3か月前に別れた元彼が、復縁を迫ってきます。
それを断ったところ、携帯に「このままですむと思うな」
「殺してやる」「夜道に気をつけろ」などの嫌がらせメールを
送ってきたり、会社帰りに後をつけてきたりします。
ずっと、監視されているようで怖いのですが・・・・・。


自宅や勤務先近くで待ち伏せしたり、後をつけたり、押し掛けたり、
連続して無言電話や嫌がらせメールをしたりという行為は、「ストーカー
規制法」で、警告、禁止命令、処罰などの対象になります。

まして、「殺してやる」などというのは脅迫です。

ストーカー行為の被害にあったときは、メールを保存したり、そのつど記録を
つけるなどして、これらを持って警察に相談に行きましょう。

なるべく一人ではなく、両親や友人、知人などに一緒について行ってもらいます。

警察は、相談を受けた内容がストーカー規制法の対象になると判断したら、あなた
の「つきまとい等に係る警告の申し出」に従って、その行為を繰り返している相手
に対して止めるよう警告してくれます。

その警告に従わず迷惑行為が続けば、今度は、都道府県の公安人会が禁止命令を出
します。

緊急を要するときは、警告の前に仮禁止命令を出すこともできます。
これに違反して、なお、ストーカー行為を続けていれば、、1年以下の懲役、または、
100万円以下の罰金が科せられます。

さらに、警察に対して、被害の防止に対する援助をうけたい旨の申出をすることで、
自宅周辺をパトロールしてもらったり、防犯ブザーの貸し出しを受けたり、ストーカ
ー行為をする相手への対処法を教えてもらうことができます。

自分自身でも、携帯のメールアドレスや帰り道を変えたり、引っ越しを考えたりなど、
防犯対策を考えてください。

深刻な事件になる前に、自分でできることをしておきましょう。


◆知っておきたい豆知識◆

 @どこからが、脅迫罪??
  「脅迫罪」とは、、恐怖心を起こさせる目的で、相手やその親族の生命、
  身体、自由、名誉に危害を加えることを通告する犯罪です。
  「殺してやる」というのは、、生命に対する危害の通告で、実際に危害を
  加えるつもりがなくても、メールや手紙、口頭などで言うと脅迫罪になり
  ます。
  脅迫罪は2年以下の懲役、または、30万以下の罰金が科せられます。

posted by タナカ at 20:58 | Comment(0) | 男と女の民法相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。