スポンサードリンク
自分の身は自分で守ろう

「結婚を約束していた彼に裏切られた」「買ったマンションが手抜き工事だった」「結婚して子供を産みたい、でも仕事は続けたい」

おんな30歳を過ぎると、悩みもトラブルも増えるばかりです。夫婦のトラブルに借金のトラブル、美容整形のトラブルなど、なかなか自分の知識だけではどう対応すればいいかわからないものです。しかし最近はどんなことも自己責任。自分の身を守るのは自分しかいない。

そこで頼りになるのが法律です。でも法律なんてわからないし、知らない。法律を知っている人だけが得をして、知らない人は泣き寝入りする構造になっています。

しかしそんな世の中にサヨナラするためにこのブログでは、日常生活にかかわる民法をケース別に分かりやすく説明しています。

このブログを見れば借金問題の解決策や美容整形でのトラブルの対応策などがわかるようになります。自分で問題を解決できるようになる為に知識武装しておきましょう。

特に最近問題になっているのは女性の借金問題

複数の消費者金融から借金、クレジットカードでの使いすぎなどで、今の状況ではどうやっても借金返済が無理と女性が増えてきました。

自力で借金返済できないのであれば、親や親せき等から援助を頼んでみましょう。それが無理であれば、法律の専門家に相談するしかありません。

しかしどこに相談していいか分からない人が多いでしょう。そんな人はこちらの法務事務所をおすすめします。

理由は「借金専門の法務事務所」で「5000件を超える実績がある」という点です。その中でも「借金のつらさは借金で苦しんだ人間にしか分からない」という考えから、債務整理経験者をスタッフに入れています。

借金で苦しんでいるなら、まずはメール相談しましょう。専門家の力はすごいもので、あれだけ苦しんでいた督促の電話やはがきがピタッと来なくなりますよ。

最近の記事

2012年05月30日

細身のジャケットを試着したら・・・・

◎細身のジャケットを試着したらビッリと音が・・・・
 わきの下の部分が破れてしまった!

 <事例その50>
気に入ったデザインのジャケットがあり、細身なのが少し気になってのですが、思い切って試着してみました。
ところが、「よし!着れた!!」と思った瞬間、ビリッと不吉な音が・・・
ガーン。なんと、わきの下が破れてしまいました!
どうしよう〜。弁償しないとダメ??


「私だって細身のジャケットくらい着れるわよ!」と思っても、現実は厳しい。

細身のジャケットにパンツ、ブーツと、「いったいどうして最近は、スリムデザインが流行っているのよっ!」と悪態をつきたくなります。

さて、試着して破れてしまった洋服ですが、「故意に破ったのでなければ弁償には及びません。そんなことを気にせず、また買いに来てくれると嬉しい」とい太っ腹なスタンスをとっているお店もあるので、まずは、正直に申し出て、丁寧に謝りましょう。

あなたがそのお店のお得意様で、かつ、店にとって嫌な客でなければ、弁償を免れる確率は高くなります。

しかし、あきらかに自分の体形に合わないのに、無理に試着しようとして、ジャケットが破れてしまった場合は、民法上の「不法行為」にあたる可能性があり、弁償する義務が生じます。

試着する洋服というのは売り物です。

商品を試着する以上、汚したり傷つけたりしないよう丁寧に扱わなければいけない「注意義務」は客側にあります。

そのため、無理に試着したことによって生じた損害は、賠償しなければなりません。

破れた部分が小さく、修復すれば新品同様になるのであれば、修復にかかる費用のみ、修復が不可能であれば、洋服代を全額賠償しなければなりません。

つまり、不法行為によって破損したものは買い取りということです。

いくら洋服のデザインが気に入っても、肝心なのは、それを着た時の自分のスタイル。

無理に試着する前に、店員に相談しましょう。



◆知っておきたい豆知識◆

 @試着前はフィッティングアドバイザーに相談
  百貨店には、日本百貨店協会が認定するフィッティング
  アドバイザーという資格を持った販売員がいます。
  サイズが心配な時は、販売員に相談を。


posted by タナカ at 19:28 | Comment(0) | お買い物の民法相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。