スポンサードリンク
自分の身は自分で守ろう

「結婚を約束していた彼に裏切られた」「買ったマンションが手抜き工事だった」「結婚して子供を産みたい、でも仕事は続けたい」

おんな30歳を過ぎると、悩みもトラブルも増えるばかりです。夫婦のトラブルに借金のトラブル、美容整形のトラブルなど、なかなか自分の知識だけではどう対応すればいいかわからないものです。しかし最近はどんなことも自己責任。自分の身を守るのは自分しかいない。

そこで頼りになるのが法律です。でも法律なんてわからないし、知らない。法律を知っている人だけが得をして、知らない人は泣き寝入りする構造になっています。

しかしそんな世の中にサヨナラするためにこのブログでは、日常生活にかかわる民法をケース別に分かりやすく説明しています。

このブログを見れば借金問題の解決策や美容整形でのトラブルの対応策などがわかるようになります。自分で問題を解決できるようになる為に知識武装しておきましょう。

特に最近問題になっているのは女性の借金問題

複数の消費者金融から借金、クレジットカードでの使いすぎなどで、今の状況ではどうやっても借金返済が無理と女性が増えてきました。

自力で借金返済できないのであれば、親や親せき等から援助を頼んでみましょう。それが無理であれば、法律の専門家に相談するしかありません。

しかしどこに相談していいか分からない人が多いでしょう。そんな人はこちらの法務事務所をおすすめします。

理由は「借金専門の法務事務所」で「5000件を超える実績がある」という点です。その中でも「借金のつらさは借金で苦しんだ人間にしか分からない」という考えから、債務整理経験者をスタッフに入れています。

借金で苦しんでいるなら、まずはメール相談しましょう。専門家の力はすごいもので、あれだけ苦しんでいた督促の電話やはがきがピタッと来なくなりますよ。

最近の記事

2011年07月27日

エステで施術を受けたら、皮膚炎が再発してしまった。

 <事例その20>
エステで施術を受けたら、皮膚炎が再発してしまった。


エステティックサロンとそこで働くエステティシャンは、エステの
施術後、お客さんに皮膚障害が生じた場合は、直ちに施術を中止、
医師の診断を受けるように勧める義務があります。

施術後に皮膚障害が発症したにもかかわらず、過去に使用して蓄積
したステロイド剤が皮膚に出てくる改善現象であるなどと、ウソの
説明をして施術を続行したとなると、エステティシャンの「不法行
為」による「過失責任」が問われます。

そして、サロンに対して、民法の使用者責任を問い、損害賠償請求
をすることができます。


posted by タナカ at 11:50 | Comment(2) | 美容&健康の民法相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タナカ様、こんばんは!

今私、ちょーとクレイジーに忙しいため
きちんとご挨拶が出来なくて申し訳ありません。
m(__)mとりあえずリンクはしておきました。

こちらの記事のコメントとしては・・・。

アメリカのエステティシャンは、皮膚科医の助手として働く事ができます。
もちろん、エステティシャンの免許を取得しきちんとした知識を持ってお客様に接します。
(体や皮膚の構造から、病気に付いてまで。)

日本では免許がいらないと聞きました。
なのである意味、やり方さえ学べば出来るというのは恐ろしいですよね。


もう少ししたら私も更新できると思いますので
その際には、宜しくお願いしますm(__)m
ステロイドを使っていた患者には、その使用期間にも寄りますが最低でも2週間は施術を行なってはいけません。そして、服用している薬やホルモンのバランスによってアレルギーという形での皮膚障害が発生します。そのあたりの知識を持たないと
本当に怖い仕事です。

こういううそをつくエステティシャンは怖いですね。

Posted by goofy3 at 2011年07月28日 08:18
こんにちは。

相互リンクのお申し出、ありがとうございますv
嬉しくて、すぐにリンクをはらせていただきました。
ご確認ください。

このサイトは、女性にとって読み応えのある内容ばかりですね。
相互してくださって嬉しいですv

☆ゆるゆる日記☆
 http://yuruyuki.blog115.fc2.com/
Posted by ゆるゆき at 2011年07月28日 13:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。